旧稚内駅舎の立ち食いそば屋を取材した映像作品が「筑紫哲也賞」を受賞

moovu.jpg

 ↑ 画像をクリックすると受賞作品が見られます(YouTube) ↑

 

 稚内北星学園大学の学生が中心となって、映像制作に取り組むNPO法人「映像コミュニティ・ムーブユー」の牧野竜二さんが制作した作品「待合室の、片隅で。」が、「市民がつくるTVF(東京ビデオフェスティバル)2012」において特別賞「筑紫哲也賞」を受賞しました。

 この作品は、稚内駅前再開発事業から昨年4月にその役割を終えた旧稚内駅舎にあった立ち食いそば屋の取材を通じて、店員の女性と客との心の通じ合いや、変わりゆく駅前に入り交じる人々の期待感と物悲しさが描かれております。

 ムーブユーではこの他に、稚内や宗谷の風景、出来事などをカメラに収め、インターネットなどを通じて作品を世界に発信する活動を行っています。

 

 

↓ 筑紫哲也賞受賞作品「待合室の、片隅で。」(YouTube) ↓

http://www.youtube.com/watch?v=ifKOi5Yonos

↓ 市民がつくるTVF Webサイト ↓

http://www.sprasia.com/tv/user/tvf/TVF1

↓ NPO法人 映像コミュニティ・ムーブユー 「ムーブログ」 ↓

http://www.moovu.net/

カテゴリー: お知らせ

« 映画「北のカナリアたち」情報 全国犬ぞり稚内大会 「犬たちの甲子園」閉幕»