大沼ではまだまだ白鳥が見られます

birdhouse.jpg

 稚内空港近くの大沼では、10月1日の今秋の初飛来以降、越冬の中継地として沼で羽を休める姿を見ることができます。

 数のピークは10月15日に3,457羽を記録し、多くが南方へと飛び立っていますが、本日は湖面上に7羽、周辺の牧草地に23羽が姿を見せてくれています。

 あと少しの間、私達の目を楽しませてくれそうです。

 

大沼の紹介ページはこちら

大沼バードハウスの紹介ページはこちら

カテゴリー: お知らせ

« 百年記念塔が10月31日に今季の営業を終了します 抜海漁港アザラシ観察所、本日オープン!»