旧海軍望楼

bourou.jpg帝政ロシアとの国交が悪化しはじめた明治35年(1902)に、国境の備えとして旧帝国海軍
が建設したもので、古色蒼然としたたたずまいは、いかにも歴史を感じさせてくれます。
石材を積み上げて、コンクリートで固めた2階建ての監視所で、船のブリッジを模して
造られたユニークな構造です。1階は見張り室と待機室があり、2階指揮室の小窓からは
宗谷海峡を一望できるようになっています。
明治37年(1904)に、日露戦争が勃発するとすぐに海軍無線電信所が設置され、敵国ロシア
のバルチック艦隊の海峡通過を監視しました。(当時世界最強といわれたロシアのバルチッ
ク艦隊が、宗谷海峡、津軽海峡、東シナ海のどこを通過しウラジオストクに集結するかを
察知することは、戦略上極めて重大であり、同望楼の監視にも任務の重要性が課せられま
した。)
幸い「敵艦見ゆ!」の打電の必要はありませんでしたが、時を同じくして日本海海戦に破れ
敗走してきたロシア軍艦「ノーウィック号」と日本海軍巡洋艦「対馬」と「千歳」が宗谷沖で
戦った時に、大いにその真価を発揮したということです。
日露戦争の終結に伴い望楼の使命は終わりましたが、その後も大正9年(1920)沿海州で
起きた尼港事件で無線通信基地として使用されるなど、昭和4年(1929)まで無線電信所
としての機能を果たしてきました。
戦後、宗谷海峡は再び国境の緊張が高まりましたが、国境監視の任務は、ノシャップ岬
の自衛隊レーダーサイトと宗谷丘陵丸山のレーダーへと引き継がれ、望楼は歴史を語る
モニュメントとして、その姿をとどめています。
稚内では、明治年代の建築物で現存する唯一のもので、昭和43年(1968)12月、市の
有形文化財に指定されました。

カテゴリー: わたしがガイド

« 【香花堂】 札幌三越デパート地下 菓遊庵にて販売を行います JR稚内新駅舎開業»