南極観測樺太犬「タロ・ジロ」

タロジロ.jpg

IN03H.jpg

南極観測樺太犬記念碑
(稚内公園)

昭和30年、日本は南極観測に参加することを決めました。南極観測に参加するために観測するグループを決めなければなりませんでした。南極で色んなことを調べる人たちはすぐに決まりましたが、活動するために寝たりする場所を作る人がなかなか決まりませんでした。この役目は子どもの頃から真っ白な氷の世界にあこがれてきた登山家でありエンジニアでもある西堀栄三郎という人にやってもらうことになりました。南極観測に行くと決まったときから西堀さんは飛行機と犬とで南極を進もうと思っていました。なぜなら昔に北極や南極を探検して成功した人たちは必ず犬橇(ソリ)を使っていたからです。関係者に犬橇が必要だと説得して、昭和31年1月に犬橇隊が結成されました。この時点で11月の出発まで10ヶ月しか時間がなかったため、少しでも早く寒い場所でも行動できる良い犬を探して訓練を始めなければいけませんでした。しかしここでどんな犬にそりをひかせようか、という問題がありました。外国ではハスキーかサモエドというどちらも大きな犬に引かせていました。だけれども「日本には樺太犬という立派な犬がいるじゃないか。世界に樺太犬のすばらしさを教えよう」という声があがり、樺太犬に犬橇を引かせることに決まりました。西堀さんは犬を集めるためにすぐに北海道へ向かいました。樺太犬は体力があり、少しのエサでも寒さにがまんでき、指の間に毛がたくさん生えているため雪の上で仕事するのが得意なのです。西堀さんががんばったこともあり、少しずつだけれど犬たちが集まってきました。こうして訓練を始められるようになったのが3月末でした。稚内市はすぐに稚内公園を訓練のために使っても良いと言いましたが、それだけでなく訓練所の建物を用意してくれたり、犬たちのエサを買ってくれたりといろいろと南極観測グループを支えてくれました。しかも稚内は雪が多く、風が強く、そして犬のエサになる魚もたくさんあり、犬橇訓練のために広いコースもとれるため、訓練する場所としては最高な場所でした。それから稚内公園で訓練すること8ヶ月間、樺太から帰ってきた後藤直太郎さんの調教によって、犬たちは少しずつ南極でも活動できるように成長していきました。昭和31年11月8日、ついに東京の晴海ふ頭から南極に向かう観測船「宗谷」が出発しました。このときに宗谷に乗っていたのは観測グループ53名、船の乗組員77名、樺太犬22頭(そのうち2頭はまだ子犬でした)、そしてネコが1匹にカナリアが2羽でした。南極に着くまでの間の一番の問題は犬たちの健康でした。樺太犬は寒さには強いけれども、赤道の暑さを乗り切れるだろうか分らなかったのです。前に南極に観測にいったグループは暑さによってほとんど全ての樺太犬を失ったといわれていました。そのため犬たちの部屋には当時まだ手に入りづらかった冷房があったそうです。この冷房のおかげで無事に赤道を通過することができました。東京を出てから2ヶ月以上たった昭和32年1月18日、観測船宗谷はついに南極大陸を見つけました。そしてまだだれも着たことのなかったプリンス・ハラルド海岸の一部分にあるオングル島へと犬橇と雪上車でたどり着いた観測グループは、そこを昭和基地と呼ぶことにしました。その日から宗谷と基地との間で荷物運びが寝る間もないくらいに行われ、住む場所や観測するための建物が建設されていきました。そして2月15日、宗谷は観測グループの中から11名と19頭の樺太犬を残して、日本へ帰っていきました。残った観測グループはいよいよ活動を開始しました。南極は思ったとおり気象が悪く、食べ物や貴重な燃料があった氷原が一夜にして流されていったり、ブリザードのときは外においてあった食べ物をとりに行くのさえ大変だったといいます。ところで基地の風下に犬たちはいたのですが、この南極の寒さの中、用意された犬小屋に入ることもなく多くの犬たちは1年間を外で寝起きしたというからおどろきです。7月の半ば、ついに南極を進む時がきました。しかし雪上車は寒さで不調だったため、犬橇がそれに代わりました。調べるために行かなければならないボツンヌーテンまでたくさんの荷物をもち、27日間も歩かなければなりませんでした。犬たちの足もケガだらけで、観測グループの人たちは手当てをしたり手袋をはかせたりして、支えあって着いたのです。結果そりをひいた犬たちは無事に基地に帰ってきましたが、残った犬の中には病気になり、息を引き取ったものもいました。南極での1年間でかわいい犬たちを少しずつ失っていきましたが、一頭だけメスであったシロという犬が子犬を生んだりとうれしいニュースもありました。 1 年間南極で生活してきた南極観測グループでしたが、昭和32年12月に次の南極観測グループを乗せた船がきました。しかしいつも以上に氷が多く、 31 日にブリザードが起こり宗谷は周りを氷にかこまれ動けなくなってしまいました。46日たってから動けるようになりましたが、宗谷はキズついてしまい、氷海に行くことは難しくなってしまいました。それでもアメリカの船の助けもあり昭和基地の近くにつくことができました。ですが次の南極観測のグループが昭和基地に来ることはできず、西堀さんたち南極観測グループは帰らなければなりませんでした。しかも犬たちを残さなければならず、1ヶ月分のエサをおいて1ヶ月後に自分たちか次のグループがむかえにくると信じていました。しかし悪天候が続き、結局1年もの間むかえに行くことはできませんでした。1年後、宗谷は南極観測グループを乗せてふたたび南極にきました。そのころには残していった犬たちはすべて死亡していると思われていました。だけれどもタロとジロという兄弟犬が生きていました。このニュースはすぐに観測船宗谷から日本へ伝わり、さらに世界へと広まりました。この感動の出来事は人々の心を強くゆさぶったのでした。(稚内学より)

カテゴリー: わたしがガイド

« ミス流氷・110番の日「一日通信指令室長」 街にいき隊・ユーチューブにて稚内PR»