【稚内サンホテル】『カネクロサワ伝説』

kane1.jpg kane2.jpg
稚内市内から国道238号線を宗谷岬へ向かい、富磯地区から少し行った山側に『カネクロサワ伝説』の看板がございます。寛政年間(1790年頃)アイヌの娘が失明した父親の回復を祈願して、宗谷厳島神社にお百度参りをしたところ、夢枕に現れた弁財天のお告げで、この清水を探し当てたといわれています。以来、「カネクロサワの清水」には眼病をもたらす悪魔を金縛りにする力があると信じられ、遠くの村々からたくさんの人々が霊水を求めて宗谷の地に来たといわれています。
情報提供:稚内サンホテル

カテゴリー: 会員からの情報

« 【稚内サンホテル】北海道日本ハムファイターズファームご一行様ご宿泊 【稚内サンホテル】蓮の花が綺麗です»