エコ足湯(ゲストハウス氷雪)5月1日オープン

1CAXERBCR.jpg稚内新エネルギー研究会では、稚内公園にある風車と開発した燃料電池を連携させ「新エネルギーサテライト」としてオープンし、施設内のゲストハウスで燃料電池のシステムを公開し、学校の総合学習や一般市民への新エネルギーの啓発にも活用しています。また、燃料電池で暖めた湯を使ったエコ足湯をつくり、無料開放して好評を得ています。冬期間は、稚内公園環状線が通行止めのため閉鎖しておりましたが、5月1日より再開されます。毎週月曜日の午後5時以降に清掃とお湯の入れ替えを行います。入場料は無料ですが、タオルの持参が必要です。

カテゴリー: お知らせ

« 北辰ダム・オーバーフロー 日本最北端の地の碑・工事について»