宗谷丘陵と57基の風車群コース

郊外や農村、山村などの小径を巡り歩く「フットパス・ウォーキング」が、北海道でもファンを増やしています。各地で様々なフットパスが整備され、稚内の宗谷丘陵にもコースが誕生しました。宗谷丘陵のゆるやかな起伏が楽しいコースです。道が良く、迷うこともないので、初心者も安心です。地図やカメラ片手に、思い思いのペースでのんびり歩けば、気持もからだもリフレッシュします。終点付近の宗谷歴史公園は、旧藩士の墓、宗谷護国寺などの史跡が多く立ち並ぶ稚内市発祥の地です。

※口蹄疫感染防止のため、牧場敷地内及び牛舎等、施設への立ち入りはご遠慮願います。

フットパスとは?

フットパス(footpath)とは、歩行者用の小径という意味で、もともとイギリスで発達したものです。牧場や畑などの田園や、自然の中を歩くことを楽しむための散策路です。フットパスは、多様な空間を含み、人と地域の風土をつなぐ、歩くための小径です。

フットパスのマナー

  1. 途中で出会う人たちに明るく挨拶をしましょう
  2. ゴミは必ず持ち帰ってください
  3. 草花など持ち帰らないでください
  4. 野生動物に餌を与えないでください

ルートマップ

  • 【A】-【F】約6km / 約2時間
  • 【F】-【H】約5km / 約2時間

F(発電風車入口)からH(宗谷護国寺付近)までのショートコースは距離約5km(約2時間)で、終了地点までは道路が続いているため、迷うことはありません。激しい急坂もなく、体力的にも負担がかからないので初心者にもお勧めのコースです。

注意事項

  • ※ トイレや売店などは、出発・終了地点のみ(A・B・H)のため、所持品など事前準備が必要です。
  • ※ 通行可能期間は5月下旬~11月中旬(冬期間通行止め)です。
  • ※ 底が厚目の疲れにくい靴で、水や帽子、カッパ、ウィンドブレーカーなども必須です。

ルート紹介

A~Hまでの各地点には案内板(画像内の黄色い矢印の箇所)が設置してあります。

  • [A] 宗谷岬(スタート地点)
         
    宗谷丘陵のフットパスのスタートは日本最北端の地からです。宗谷岬公園へ登る階段にコース案内板があります。
    残り約11.0km
  • [B]宗谷岬公園
    階段と坂道を登り切ると丘の上には風車が目印の建物が見えます。ここからがはじまりです。
    残り約10.8km
  • [C]交差点
    目の前に徐々に広がる宗谷丘陵。ここからは宗谷黒牛牧場へ向かって右折します。
    残り約9.9km
  • [D]交差点
    雄大な景色を堪能しながらT字路に差しかかります。右に行くと国道238号へ下ります。ここは左折します。
    残り約7.0km
  • [E]交差点
    眼の前には広大な周氷河地形と風車を一望することが出来ます。この十字路から右折をして上り道に入ります。
    残り約6.1km
  • [F]ショートコーススタート 地点
    コースの約半分のポイント。ショートコースとして親しまれている地点。ここを右折します。
    残り約4.3km
  • [F > G]
    右手に海、左手に風車群を望みながら、サハリンから吹きつける風を感じられます。
    残り約3.0km
  • [G]
    右斜めの砂利道がコースです。間違わないように!
    残り約2.7km
  • [G > H]
    なだらかな丘陵をゆっくりと歩いていくと眼下には利尻山。その手前に稚内市を望みながら下ります。
    残り約1.4km
  • [H]宗谷護国寺付近(ゴール)
    お疲れさまでした。T字路でゴールです。右へ行くと国道238号、バス停「宗谷」があります。(左にはトイレもあります。)
    ゴール!

フットパスコースの動画

ゴール地点からショートコースver

ゴール地点からロングコースver