稚内公園は、市街地裏手にある丘陵をステップ式に利用して造られており、晴れた日にはサハリンの島影を捉えることができる旅情豊かな公園です。約45.2ヘクタールの面積をもち、展望施設と郷土資料館が一緒になった「開基百年記念塔」等の施設や、樺太(現在のロシア連邦サハリン州)や樺太犬に関係するモニュメントが点在しています。
稚内公園周辺の花ごよみへ
 こうほねの家(浜勇知展望休憩施設)は、道道稚内天塩線沿いの利尻礼文サロベツ国立公園内にある唯一の休憩施設。屋上からは利尻富士や美しい夕日が見られる絶好のビューポイントです。ここは『ネムロコウホネ』が咲くことで有名です。
こうほねの家周辺の花ごよみへ

 メグマ沼は、稚内空港にほど近いところにある、円い形の神秘的な海跡湖です。
昔からこのメグマ沼周辺は、地元の人たちが”主の住む沼”と呼び、近づく者もあまりいなかったせいか、保存状態が極めてよい沼です。
沼周辺77.5ヘクタールの湿原は、低層湿原・中間湿原・高層湿原に属し、エゾカンゾウ・ミズバショウ・ノハナショウブ・ワタスゲ・エゾイソツツジなど200種を超える植物が確認されています。
その上、70種以上の野鳥の宝庫として、キマユツメナガセキレイやノゴマ・ノビタキ・オオギシギ・オオジュリン・アオサギ・コヨシキリ等が飛来するこの沼は、植物鑑賞やバードウォッチングに最適なところです。
この貴重な自然を保護するためと「北海道の尾瀬」と呼ぶにふさわしい全容を観察できるようにする目的で、3.5キロメートルの散策用遊歩道(木道)が設けられています。
いままではサロベツ湿原にしか生息されていないとされていた”コモチカナヘビ”が発見されています。
「メグマ沼」は昭和60年の朝日新聞主催「北海道自然100選」の投票でも見事15位にランクされました。
メグマ沼周辺の花ごよみへ

稚内公園周辺の花ごよみ メグマ沼周辺の花ごよみ こうほねの家周辺の花ごよみ