南極観測樺太犬記念碑・樺太犬供養塔

「南極観測樺太犬記念碑・樺太犬供養塔」について

昭和32年(1957年)日本が初めて南極観測に参加するにあたって、現地での物資輸送を目的に派遣されたのが20頭の樺太犬でした。厳寒の南極大陸でこの樺太犬たちは、調査のために大活躍し多大な貢献をしました。ところが翌昭和33年(1958年)、南極の悪天候を克服できずに樺太犬15頭が現地にやむなく置き去りにされるという悲劇が起こりました。そして、その1年後再び越冬隊が南極を訪れたとき、樺太犬タロ・ジロの2頭が奇蹟的に生き延びていたという感動的なニュースは、当時世界中に報じられました。この碑はその樺太犬の功績をたたえたもので、ブロンズ像はジロをモデルにしています。また南極で亡くなった犬たちの慰霊碑、樺太犬供養塔も建っています。

097-0022 北海道 稚内市中央1丁目 稚内公園
Get directions
[TEL] 0162-23-6161(稚内市役所)