稚内市観光大使「ルースキー・テーレム」がユジノサハリンスク市長から表彰されました!

残念ながら今冬は開催中止となりましたが、冬の観光イベント「稚内サハリン館」で活躍中のロシアアンサンブル「ルースキー・テーレム」へ、この度、ロシアサハリン州ユジノサハリンスク市のナドサディン・セルゲイ市長より、ユジノサハリンスク市と稚内市の国際文化交流促進及びロシア民族文化の発信への功績に対し、感謝状が授与されました。

サハリン№1の実績を持つ同グループですが、稚内市では2013年より冬季観光イベント「稚内サハリン館」のため冬季8回、夏季3回の計11回に亘り来日し、これまでの公演の来場者数は2万5千名を超えます。また、「稚内サハリン館」以外でも、観光施設等での公演、小中学校や幼稚園、老人ホームでの慰問活動など、稚内サハリン館での公演も含め、稚内市内外で計630回の公演を実施し、稚内市民をはじめ道内外のファンも年々増えています。

国境の街である稚内の観光PRにこれまで大きく貢献して頂いた実績から、当協会では、昨年の10周年公演の際に外国人として初めて稚内市観光大使に任命をいたしましたが、今回は派遣側のユジノサハリンスク市からも功労表彰の感謝状が授与されたとの嬉しい一報を頂きました。今後も、両市の友好都市交流の懸け橋として、「ルースキー・テーレム」の更なる活躍を期待しています!

<メリニチェンコ・アンドレイ代表からのメッセージ>
友好都市である稚内とユジノ・サハリンスクの文化交流発展へのささやかな貢献が認められ、感謝状を頂くことができ、深く感動しています。「ルースキー・テーレム」は、おもてなしの心に満ちた稚内のステージで演奏させて頂き、この10年間、喜んでくださる皆さんの顔を見て、私達も嬉しくなりました。新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりによって我々は引き離されてしまいましたが、またお会いできることを楽しみにしています。稚内を愛しています!

 

◆稚内サハリン館の紹介ビデオはこちら

◆稚内市観光大使の紹介ページはこちら

◆ルースキー・テーレムの公式サイト(ロシア語)